まごころケア食とわんまいるの違いを教えます。

おすすめの宅配食

まごころケア食もわんまいるもどっちも美味しい!!

私は、まごころケアのバランス栄養食もわんまいるも両方購入したことがあります。

このふたつの違いについて、お話します。

まごころケア食もわんまいるも、味は、どちらも美味しいです。

まずいものは、ひとつもありません。

人それぞれの好き嫌いの好みはあると思いますが、味ではこのふたつを比べることは、できないと思います。

ではどこを比べると良いのでしょう。

まごころケア食とわんまいるとでは、決定的な違いあがあります。

まごころケア食は、お弁当箱のような入れ物におかずが4種類入っています。

これがそのまま冷凍で送られてくるので、電子レンジで「チン」するだけで、そのまま食べることができます。

容器がお弁当箱のようになっているので、食べ終わったあとは、そのまま捨てることができて、食器を使うことが無いので、洗い物が出ないのがいいですね。

一方、わんまいるですが、こちらは、3種類のおかずが、それぞれ真空の袋に入っていて、それを湯煎したり流水で解凍する方式です。

温めたり解凍した後は、自宅にある食器に移しかえて、食べる方式です。

これだけ、みると、食器の片付けをしなくてよいまごころケア食がいいように思えますが、私にとっては、わんまいるの方が使い勝手が良かったのです。

では、どこが使い勝手が良いのかというと、実は、食事を食べるのは、私ではなく、急に自宅に来た友人やお客様だからです。

急にきて、食事を提供するときに、さすがに弁当箱のような、入れ物に入っているものは提供できません。

それよりも、器に移し替えて、いかにも「私が作りました」という風にして、出していたのです。

さらにまごころケア食は、電子レンジでチンするので、全てが、温かい食べ物になってしまいます。

一方、わんまいるは、湯煎をして温かいものと、冷水で解凍して常温で食べるものとがあるのです。

これは、料理を提供するものにとっては、「手作り感」が出るのです。

これは、あくまでも私の利用方法が、急なお客様用として利用していたので、わんまいるが重宝したというだけなんです。

もし、これが全て自分で食べる分だと、絶対にまごころケア食の方が便利だと思います。

食器のあとかたずけや、湯煎の準備も必要がありません。

まごころケア食とわんまいるは、使い方によって、メリット、デメリットがあるので、よく検討してから注文してください。

でもこれだけは言えます。

最近の冷凍宅配弁当は、美味しいです!!!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました